Rec Masters Online - レク・マスターズ・オンライン

ログイン
公認指導者ID
パスワード

初めての方は初回認証を行ってください

初めての方へ お問合せ

レクリエーション・コーディネーター

マスターズ・オンライン > 資格紹介:レクリエーション・コーディネーター

「楽しさ」を核にした行事・活動の運営・マネジメント、グループ運営や組織育成のための活動・事業企画

 学校や地域、スポーツクラブ・施設で行う行事・イベントを企画・運営する。「子どもたちの成長」や「地域のつながり」といったテーマに向けて、「楽しさ」を活かした活動を実施する。レクリエーション・コーディネーターの学習では、スポーツや野外活動、生涯学習活動など、さまざまな活動をコーディネートして、企画・運営する方法を学習します。
 また、グループづくりや組織育成という視点から、「楽しさ」を核にした行事・活動の活用を考え、継続的な事業企画を演習します。

こんな方にオススメです。

スポーツクラブ等のインストラクター、小・中学校教諭、野外活動や自然体験活動の指導者、職場等でレクリエーションを担当する方、等、地域活動に関わる方(自治会や子ども会活動、子どもの居場所づくり、等)

主な学習内容(全161時間)

レクリエーションに関する基礎的知識・支援技術(51時間)

レクリエーション・インストラクター養成講座にて学習します。

生涯スポーツに関する基礎的知識(40時間)

通信教育課程(レポート課題1回)。身体活動やその指導法、生涯スポーツ推進等に関する学習。

専門科目(70時間)

通信教育課程(レポート課題7回)、講習会(2日間×3回)。
レクリエーションに関わる事業や組織を運営するための学習(マネジメント、マーケティング、ネットワーキング、プロモーション、プレゼンテーション、等)。

支援実習

実際の対象者に向けた事業の企画・運営。

レポート課題の免除

レポート課題の免除については、こちらのパンフレットをご参照ください

資格取得までのステップ

レクリエーション・コーディネーター学習課程は161時間です。全てのカリキュラム修了後、資格認定審査に合格すると、申請・登録することができます。

通信教育課程の学習開始日と受講期間

○学習開始日
 例えば、毎月20日までに申込をされた方については、翌月1日を学習開始日とし、年間いつからでも受講が開始できます。

○受講期間
 学習開始日から3年後の3月末日まで。
 例:2013年11月1日学習開始 → 2017年3月31日まで。
 ※最短1年程度で終了できます。

受講条件

  1. 受講開始日に満18歳以上である方。
  2. レクリエーション・インストラクター学習課程を修了した方、またはレクリエーション・インストラクターの学習を始めた方

講習会の開催日程・場所

 A講習会、B講習会、C講習会の順で、年間2会場程度で開催します。
 日程と場所については、こちらをご参照ください。

受講・資格取得に関わる費用

通信教育課程、講習会に関わる費用

 ¥50,000

*受講料には、テキスト、課題集、解答用紙、通信添削費、通信費、運営費、消費税相当額が含まれています。
*講習会(2日間×3回)の参加費は別途必要となります。会場により異なりますが、おおよそ1回あたり、¥15,000程度となります。

受講料の免除

 こちらの資格をお持ちの方は、 ¥45,000で受講できます(5,000円の減額)。
 
*野外活動指導者(キャンプ、ホステリング、サイクリング、オリエンテーリング)のディレクター2級資格は対象にはなりません。

資格取得に関わる費用

 資格取得のためには以下の費用が必要となります。

  
受験料 ¥5,142(税抜4,762 + 税380)(資格認定審査時のみ)
公認料 ¥10,285(税抜9,524 + 税761)(資格認定初年度のみ)
登録料 ¥16,458(税抜15,239 + 税1,219)(2年毎に更新)

※公認指導者には、情報誌「月刊Recrew」をお送りします。また、お近くの地域で行われる事業、活動支援、フォローアップ研修会等の情報や、レクリエーション用具の割引サービス、各種企業の指導者割引サービス等が受けられます。

さらに詳細をご覧になりたい方

レクリエーション・コーディネーター紹介パンフレット【748KB】 ダウンロード

受講申込書【90KB】 ダウンロード

資格のご紹介

公認指導者向け

専門資格の受講

その他